ADCMT

エーディーシーについて製品とサポート保守サービスニュース採用

ADCホームページトップ

ニュース

ニュース

2016年度
ニュース

2015年度
ニュース

2014年度
ニュース

2013年度
ニュース

2012年度
ニュース

2011年度
ニュース

2010年度
ニュース

2009年度
ニュース

2008年度
ニュース

2007年度
ニュース


リーク電流が10fA以下の微少電流用スイッチと1000Vまで切り替え可能な高電圧用スイッチのスキャナのスイッチ・カードを新発売
2016年12月9日
3100用の微少電流カード31001Jと高電圧カード31001Gを開発
6900   6900
31001J 微少電流カード   31001G 高電圧カード

株式会社 エーディーシーは、このたび、エクステンダ方式のスキャナ「3100」用の微少電流カード「31001J」と高電圧カード「31001G」を開発し、発売を開始しました。
スキャナは、温度などの物理量から電圧や電流などの電気量まで、多数の信号を切り替えながら、デジタル・マルチメータや計測電源(SMU*)などで測定してデータ収録するための切り替えスイッチで、電子部品や電子材料の生産ラインや品質検査などに幅広く使用されます。

近年、電子部品や特に電子材料では低消費電流や長期信頼性維持のため、絶縁抵抗、リーク電流の評価が重要となり、効率の良い絶縁抵抗試験やエレクトロ・マイグレーション試験が望まれています。
そのために開発されたのが今回のスイッチ・カードで、10の16乗Ω以上の絶縁抵抗を測定できる微少電流カード「31001J」と、1000 Vまでの高電圧をかけて絶縁抵抗を測定できる高電圧カード「31001G」の2機種です。
使用するスキャナは、すでに発表している3100シリーズで、3100本体と、3101エクステンダで構成され、すでに5機種のスイッチ・カードを持っており、今回発表したスイッチ・カード2機種を含め7種類となりました。

微少電流カード「31001J」は、ドライ・リードリレーを使用した10チャンネルのマルチプレクサ・タイプの切り替えカードで、最大電圧200 V、最大電流1 A、10の14乗Ωの絶縁抵抗を持っています。リーク電流を10 fA 以下(フェムトはマイナス15乗)に抑え、超高抵抗計5450/5451を使用して16乗Ω以上の絶縁抵抗測定が可能です。3100シリーズでは、最大60チャンネルまで内蔵することができます。
高電圧カード「31001G」は高耐圧リードリレーを使用した10チャンネルのマルチプレクサ・タイプの切り替えカードで最大電圧1000 V、最大電流0.1 Aです。3100シリーズでは、最大170チャンネルまで内蔵することができます。
今回発表した2機種のスイッチ・カードの投入によって、当社の測定器群と組み合わせて、新しく、精密電子部品の絶縁抵抗試験システムやエレクトロ・マイグレーション試験システムを構成することができます。

*SMU:ソース・メジャー・ユニット

 
2016年度ニュースへ戻る

サイトについて | サイトマップ | お問い合わせ | Copyright © ADC CORPORATION