ADCMT

エーディーシーについて製品とサポート保守サービスニュース採用

ADCホームページトップ

ニュース

ニュース

2019年度
ニュース

2018年度
ニュース

2016年度
ニュース

2015年度
ニュース

2014年度
ニュース

2013年度
ニュース

2012年度
ニュース

2011年度
ニュース

2010年度
ニュース

2009年度
ニュース

2008年度
ニュース

2007年度
ニュース


4チャンネルの小型計測電源 (SMU*) を新発売
2017年2月20日
ベンチトップとシステム・ユースの2機種
6540/6541

株式会社 エーディーシーは、このたび小型の筐体に4チャンネル分の計測電源(SMU*)を内蔵した2機種の「4チャンネル計測電源」を開発し、販売を開始しました。発売した4チャンネル計測電源は、表示部や操作パネルが付いてベンチトップ用として開発された「6541」と表示などを付けずシステムの組込み特化したシステム・ユース「6540」の2機種が用意されています。

近年の電子デバイスや半導体、センサは、小型化、高実装性が実現され、それらのモジュール化や多ピン化が進んでおり、全数試験を行うために、その評価には莫大な設備と時間がかかります。これら、お客様のご要望に応えるために、多チャンネル化や省スペース化の計測電源の要求が高まっていました。

このたび発売した「6540/6541」は、エーディーシーの計測電源の特長である低ノイズを生かしながら、従来の当社小型計測電源と同じ212 mmの幅の中に4チャンネルの計測電源を組込みました。

発表した「6540/6541」の機能面では、計測電源の特徴である下記の性能を持っています。

  • デバイスへの電源供給と同時に負荷としても使用可能
  • ノイズに強い高分解能の電圧、電流測定が可能

さらに、被試験デバイスの様々な試験を自動化するために、最小幅50 µsのパルス発生、スイープ動作、チャンネル間および複数台の同期動作など、正確な測定や試験速度の向上に貢献できる様々な機能を備えています。性能面では、各チャンネルとも、発生測定範囲は、±10 V / 0.5 A (4チャンネル合計で1 A)、電圧発生測定確度は、±0.02 %、電流発生測定確度は±0.03 %、測定分解能は10 µV / 10 pA / 20 µΩ、電圧発生出力ノイズは4 mVp-p (DC〜20 MHzにて)を持っています。

外部インタフェースは、操作パネル、表示付きのベンチトップの6541は、USBを標準で、さらにGPIBかLANをオプションで選択できます。一方、システム・ユースの6540は、4チャンネルそれぞれに独立したUSBインタフェースを標準装備し、各チャンネルを完全に独立しても、また、同期しても使用できます。

* SMU:Source Measure Unit(ソース・メジャー・ユニット)

 
2016年度ニュースへ戻る

サイトについて | サイトマップ | お問い合わせ | Copyright © ADC CORPORATION