ADCMT

エーディーシーについて製品とサポート保守サービスニュース採用

ADCホームページトップ

ニュース

ニュース

2019年度
ニュース

2018年度
ニュース

2016年度
ニュース

2015年度
ニュース

2014年度
ニュース

2013年度
ニュース

2012年度
ニュース

2011年度
ニュース

2010年度
ニュース

2009年度
ニュース

2008年度
ニュース

2007年度
ニュース


モジュラ・タイプの微少電流/高抵抗測定器(IRメータ)を新発売
2019年1月7日
電子部品の生産ラインに最適な最大4チャンネル搭載可能、
モジュラ・タイプの微少電流/高抵抗測定器(IRメータ)を新発売
4000

株式会社 エーディーシーは、このたび電子部品の生産ラインで活躍する高スループット試験が可能なモジュラ・タイプの計測器、「多チャンネル微少電流/高抵抗測定器(IRメータ)」を開発し、販売を開始しました。
小型の筐体に2スロットを搭載可能にしたメインフレーム「4000」に1チャンネルのIRメータ・ユニット「40051」および2チャンネルのIRメータ・ユニット「40052」を組み合わせて装着することができますので、1台で1〜4チャンネルまでの構成が可能です。

近年、部品市場の生産ラインでは製品の製造と検査のタクト向上が必要不可欠です。そのためライン用の計測器は、測定のスピードアップ、多チャンネル化、省スペースなど各社のラインに最適な機能が常に要求されています。
今回発表した製品では専用化、モジュラ化することによって、これらのお客様のご要望に応えることが可能です。

メインフレーム「4000」のインタフェースはGPIB、LAN、USB、RS232、8-bit DIOと4Chのハンドラ・インタフェースを装備しています。
IRメータ・ユニット「40051」および「40052」は、大容量キャパシタの絶縁抵抗に最適な積分方式の電流計を採用し、高速応答±200Vの電圧発生、2周波数切り替え可能なコンタクトチェック機能を特長としています。MLCC(積層セラミックチップコンデンサ)、コイル、SAWフィルタなどの電子部品の生産ラインをターゲットにしています。
本器はモジュラ・タイプの構造を採用していますので、メンテナンス時のダウンタイムも大幅に改善することが可能です。


主な仕様
抵抗測定範囲:312 Ω 〜 2×1016 Ω
電圧発生範囲:1 mV 〜 ±200 V
電流測定範囲:10 fA 〜 ±3.2 mA
測定積分時間:1 ms 〜 200 ms
コンタクトチェック:0.1 pF 〜 100 pF
周波数:500 kHz / 315 kHz
最大ケーブル長:3 m

※製品の詳細についてのご質問、または製品のご購入についてのお問い合わせは最寄りの営業所までお電話ください。

2018年度ニュースへ戻る

サイトについて | サイトマップ | お問い合わせ | Copyright © ADC CORPORATION