直流電圧・電流源/モニタ
6243 / 6244

¥550,000 / ¥590,000(税抜)

フレキシブルな発生と測定で電子回路(部品)評価
最適な直流電圧・電流源/モニタ

6243/6244は、幅広い発生・測定範囲を持った直流電圧・電流源/モニタです。
6243:電圧0〜±110 V、電流0〜±2 A
6244:電圧0〜±20 V、電流0〜±10 A
発生分解能4½桁、測定分解能5½桁の高確度と各種掃引機能に加え、最小パルス幅1 msのパルス測定機能により、半導体その他電子部品の研究開発での評価用電源から特性試験システム用の電源として幅広くお使いいただけます。

特長・仕様

発生・測定機能

発生、測定のファンクション指定により、電圧発生/電流発生、 電圧測定/電流測定/抵抗測定が選択可能。
 

電圧・電流発生モード

発生モードはDC、パルス、DCスイープ、パルス・スイープの4種類をもっており、さらにスイープはリニア、ログ、ランダム(ユーザ・プログラミングで任意の波形発生)の3種類のスイープ・タイプがあります。
外部コントローラとのデータのやりとりなしに、デバイス試験に必要な発生パターンを発生し、その測定結果を試験終了後メモリから読み取ることができます。ただし、極性をまたぐパルス発生はできません。
 

発生・測定のタイミング

パルスおよびスイープ動作では、発生と測定のタイミングが同期しており、発生値印加から指定された時間経過後の測定が行えます。メジャ・ディレイ(Td)の設定により、ストレス試験のようなパルス印加終了から一定時間経過後の測定が可能です。
 

不連続点が発生しないレンジ切換

電圧発生、および電流発生のレンジ切換は、レンジ切換の間、出力をゼロに落とす事なく、切換前の出力を維持します。これによって、出力に不連続点が発生せず、ヒステリシスをもつデバイスや誘電率の高いデバイスへの悪影響を低減することができます。
 

低ノイズ設計

電源性能の基本は、発生電圧/電流の正確さとこれに重畳するノイズ量です。本器は、ノイズを極力抑えた設計になっており、直流増幅器などの入力信号や電源ノイズが問題になる場合に有効です。
リニアICや光デバイス、移動体通信用増幅器などの電源に最適です。
 

  6243 6244
発生桁数  4½桁
出力方式 バイポーラ

最大出力(上)

最小分解能(下)

 電圧

±110 V/0.5 A

 ±20 V/4 A
10 μV 10 μV 

 電流

±2 A/32 V ±10 A/7 V 
 1 nA 10n A 
測定桁数 5½桁
基本確度(代表レンジ) 0.03 % 
最小測定分解能 電圧  1 μV 1 μV 
電流  100 pA  1 nA
パルス印加/測定
最小パルス幅 1 ms
 インタフェース GPIB

※ 上記に入力しきれていない仕様および注釈等がございます。詳しくは『資料ダウンロード』よりカタログをダウンロードしてお確かめください。

Contact お気軽にお問い合わせください

当社製品の修理・保守や技術・取扱いに関する様々なお問い合わせをお受けいたします。
計測器について熟知したエンジニアが応対し、原則1営業日以内に回答いたします。

〒355-0812 埼玉県比企郡滑川町大字都77-1
受付時間
9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:00(通常営業日)
TOPへ