太陽電池電池パネルI-V計測システム
SS9600

SS9600 太陽電池電池パネルI-V計測システム

320 Wの大容量太陽電池パネルに対応するI-V計測システム

 SS9600は、計測電源の6244を直列または並列に接続することによって最大320 W/280 Wで6通りの出力範囲が選択できるシステムで、ほとんどの太陽電池セルおよびパネルのI-V特性評価ができます。
また、計測電源を使用していますので、光照射時のI-V特性とダーク電流(光未照射時)の特性評価ができます。
特性測定項目は、開放電圧(Voc)、短絡電流(Isc)、最適動作電流(Ipmax)、最適動作電圧(Vpmax)、最大出力点(Pmax)、曲線因子(FF)、変換効率(η)、直列抵抗(Rs)、並列抵抗(Rsh)などがあります。

Contact お気軽にお問い合わせください

当社製品の修理・保守や技術・取扱いに関する様々なお問い合わせをお受けいたします。
計測器について熟知したエンジニアが応対し、原則1営業日以内に回答いたします。