6540 4チャンネル直流電圧・電流源/モニタ 4-Channel DC Voltage Current Source/Monitor

4チャンネル直流電圧・電流源/モニタ
6540 / 6541

  • 発生・測定範囲
    電圧:0 ~ ±10 V、電流:0 ~ ±500 mA
  • 最大電力 5 W /1チャンネル
    (但し、4 チャンネルで最大電流は ±1 A まで)
  • 基本確度:±0.02 %、最小測定分解能:10μV / 10 pA
  • 最小パルス幅:50μs の高速パルス発生
  • シンク可能なバイポーラ出力
  • チャンネル間や複数台との同期運転機能
    (同期チャンネルの選択可能)
  • 表示なしのシステム・ユース用 6540 と
    カラ―LCD 搭載のベンチトップ用 6541 の 2 タイプを用意

6540/6541は、4チャンネルの電圧/電流発生・測定機能を搭載した小型計測電源です。
6540は、表示などを付けず組み込みに特化したシステム・ユース型で生産ラインや試験・検査ラインに最適です。6541は、表示部や操作パネルが付いたベンチトップ型で研究、開発用として視認性や操作性を重視して開発されています。
両機種にUSB I/F、機器(チャンネル)間の同期が可能な外部単線信号が標準装備されております。
また、6541はインタフェース・オプションとしてGPIBとLANが選択可能です。

特長


発生・測定機能

発生、測定のファンクション指定により、電圧発生(VS)/電流発生(IS)、電圧測定(VM)/電流測定(IM)/抵抗測定(RM)が選択可能です。また、LO 端子は内部で接続されています。

6540/6541発生・測定機能

出力範囲

6540/6541出力範囲

電圧:0 ~ ±10 V
電流:0 ~ ±500 mA
発生範囲は 4 チャンネル共通。
但し、4チャンネルで最大電流は ±1 Aまで。

使用温度範囲
A:0 ℃~ +50 ℃ (シンク時:0.5 W/ch 以下)
B:0 ℃~ +40 ℃ (シンク時: 2.5 W/ch 以下)
C:0 ℃~ +35 ℃ (シンク時:5 W/ch 以下)

電圧・電流発生モード

電圧・電流発生モードは、DC、パルス、DC スイープ、パルス・スイープの4 種類をもっており、さらにスイープにはフィクスド、リニア、ランダ
ム(ユーザ・プロブラミングでの任意発生)、2 スロープ・リニア(ステップ間隔が途中で切替えられるリニア・スイープ)の4 種類のスイープ・
タイプがあります。

最小パルス発生は、パルス幅50 μs。
最小周期は500 μs、測定なしの場合は100 μs。

6540/6541電圧・電流発生モード

HI/LOリミッタ個別設定機能

電圧・電流発生では、HI/LO のリミット設定は極めて大切です。電 流発生時のリミット(コンプライアンス)電圧は、必ず外部から印加さ れる電圧以上でなければなりません。リミット電圧以上の電圧が外部 から印加された場合はオーバロードが検出され、スタンバイ状態になり ます。リミット設定値がプラスマイナス同一値の場合、コンデンサなど に定電流で充電した後放電させる時、リミット電圧を絞るとオーバロー ドになります。また、逆極性で放電させるとマイナス電圧まで放電して しまいます。

6540/6541 は、HI/LOリミットが個別に設定可能であり、しかも電圧リミッ トは HI/LO 同一極性が可能です。これにより、コンデンサの充放電、 特にバッテリの過放電を防止することが可能です。また、LD など定電 流で使用し、逆電圧印加を嫌うデバイスの評価にも最適です。

サスペンド機能

6540/6541 は、出力OFF 状態をSTBY(出力リレーOFF)、HiZ(出力リレーON、高抵抗状態)、LoZ(出力リレーON、低抵抗状態)の3 つの状態から選択することができます。これにより、不要なリレーのON/OFF が省略できます。この機能により、従来問題となっていたリレー動作時間によるスループット低下を改善し、リレー寿命を飛躍的に延ばすことにより、製品の信頼性を向上させます。

さらに、サスペンド電圧(HiZ、LoZ 状態での電圧)設定が可能ですから、バッテリなど電圧出力デバイスの接続時に発生する、過渡的な電流吸い込みを防止することができます。

出力OFF時の状態 出力リレー 出力状態 電流リミットの設定値
LoZ ON Vsus、低抵抗

VS 時: 設定電流リミッタ (IL)

IS 時: 設定電流レンジの 300 digits

(3 μAレンジは1000 digits)

HiZ ON Vsus、高抵抗 100 nA
STBY  OFF  オープン
Vsus: サスペンド電圧(初期値:0 V)

同期発生・測定

6540/6541 の同期運転は、DC 発生モードでは測定の同期、パルス発生モードとスイープ発生モードでは発生および測定の同期が可能です。
4チャンネルが同じ波形だけではなく、それぞれ異なる波形の発生と測定も可能です。マスタ・チャンネル、スレーブ・チャンネルは任意のチャンネルを選択できます。

【設定例1】

マスタ: ch1
(パルス・リニア・スイープ)
スレーブ: ch2
(パルス・リニア・スイープ)
スレーブ: ch3
(パルス・リニア・スイープ)
スレーブ: ch4
(パルス・リニア・スイープ)

【設定例2】

マスタ: ch4
(パルス・リニア・スイープ)
スレーブ: ch1
(DCリニア・スイープ)
スレーブ: ch2
(パルス)
スレーブ: ch3
(フィクスド・スイープ)

6540の標準コントロール・ソフトウエア

6540 は、システム・ユース型のため操作パネルはありませんが、外部 のパソコンからUSB で操作できるようにコントロール・プログラムを標準 で装備しています。 このソフトウエアで、発生や測定、リミットなど、基本的な操作が可能 です。

6540コントロール・ソフトウェア

表示画面

1 チャンネル表示と4 チャンネル表示の2種類のホーム画面、各種キーとソフト・キー、ロータリ・ノブで各チャンネルを簡単に設定できます。

【1チャンネル表示画面】
1 チャンネル表示画面では、発生電圧 / 電流と測定、電圧 / 電流 / 抵抗、リミット電圧 / 電流の表示に加え、発生レンジや周期、積分時間など各種情報が一目でわかる表示になります。
【4チャンネル表示画面】
4 チャンネル表示画面では、全てのチャンネルの発生電圧 / 電流と測定電圧 / 電流 / 抵抗、リミット電圧 / 電流が確認できます。
【時間設定画面】
パルスやスイープ測定では測定の時間設定が非常に重要です。6541 では時間設定画面を設けましたので、当社従来機種より簡単に感覚的な操作で設定できます。

外観


※画像クリックで拡大されます。

Contact お気軽にお問い合わせください

当社製品の修理・保守や技術・取扱いに関する様々なお問い合わせをお受けいたします。
計測器について熟知したエンジニアが応対し、原則1営業日以内に回答いたします。