6247 直流電圧・電流源/モニタ DC Voltage Current Source Monito

直流電圧・電流源/モニタ
6247C / 6247G

  • 広い発生・測定範囲
    電圧:-15 V ~+250 V、 電流:0 ~±320 mA
  • 発生分解能:100 μV/100 pA
  • 5½ 桁(±320999)表示で、10 μV/10 pA の測定分解能
  • 基本確度:±0.02 % の発生、測定
  • 最小パルス幅 50 μs、分解能 1 μs のパルス測定
  • シンク可能なバイポーラ出力
  • 外部インタフェースとして
    RS232、USB(6247C)、GPIB、USB(6247G)を標準装備

6247C/6247Gは、高電圧半導体や省エネ用LEDモジュールの低消費電力化、高効率化に伴う評価用として開発された直流電圧・電流源/モニタで、最大発生電圧+250 V、最大発生電流±320 mAです。
桁数は、発生が4½桁で、測定は5½桁、基本確度は、±0.02%と高確度です。 定評のある、VSIM、ISVM機能、スイープ機能、パルス発生機能を備えており、10 pAまでのリーク電流測定も可能です。
さらに、リニア、フィクスト、ランダム、ツー・スロープ・リニア掃引機能に加え、最小パルス幅50μsのパルス測定機能、最小分解能が10 μV/10 pAの微少電圧・電流測定、最適な出力状態を選択できるサスペンド機能などで、半導体や、その他電子部品の研究・開発での評価や生産ラインでの特性試験に、幅広くお使いいただけます。

特長


発生・測定機能

発生、測定のファンクション指定により、電圧発生/電流発生、電圧測定/電流測定/抵抗測定の選択が可能です。

発生・測定機能

出力範囲

出力範囲(6247)

電圧・電流発生モード

電圧・電流発生モードは、DC、パルス、DC スイープ、パルス・スイープの4 種類をもっており、さらにスイープにはフィクスド、リニア、ランダ
ム(ユーザ・プロブラミングでの任意発生)、ツー・スロープ・リニア(ステップ間隔が途中で切替えられるリニア・スイープ)の4 種類のスイープ・タイプがあります。
最小パルス発生は、パルス幅50 μs。最小周期は2 ms、測定なしの場合は500 μs。

電圧・電流発生モード

HI/LOリミッタ個別設定機能

HI/LOリミッタ個別設定機能

電圧・電流発生では、HI/LOのリミッタ設定は極めて大切です。6247C/6247Gは、HI/LOリミッタの個別設定が可能であり、しか も電圧リミッタはHI/LO同一極性が可能です。これにより、コン デンサの放電、特にバッテリの過放電を防止することが可能です。 また、LDなど定電流で使用し、逆電圧印加を嫌うデバイス評価 にも最適です。

サスペンド機能

6247C/6247Gは出力OFF状態をSTBY(出力リレーOFF)、HiZ(出 力リレーON、高抵抗状態)、LoZ(出力リレーON、低抵抗状態)の3つの状態から選択することができます。 これにより、不要なリレーのON/OFFが省略でき、従来問題と なっていたリレーの寿命の問題、および、動作時間によるスループットの低下を改善できます。
さらに、サスペンド電圧(HiZ、LoZ状態での電圧)設定が可能であり、バッテリなど電圧出力デバイスの接続時に発生する過渡的な 電流吸い込みを防止できます。 
バッテリを接続する場合において、従来の発生器または電子負荷では接続時に0 Vで接続した後に設定された電流が流れるようにコ ントロールされます。しかし、この場合0 Vで接続した瞬間、過渡 的な電流の吸い込みが発生し、不要な電池放電が発生します。 6247C/6247Gでは、サスペンド電圧を設定することにより、指定された電圧でしかもハイ・インピーダンスの状態で接続した後、設 定された電流が流れる様にコントロールします。これにより、バッテリ接続時の不用意な放電が防止できます。 6247C/6247Gでは、このサスペンド状態で発生モードの変更が可 能なため、従来この変更で問題となっていたスループットが改善さ れます (DUTを本器から切り離さずに試験が可能です)。

サスペンド機能
サスペンド機能
出力OFF時の状態 出力リレー 出力状態 電流リミッタの設定値
LoZ ON Vsus、低抵抗

VS 時: 設定電流リミッタ (IL)

IS時:設定電流レンジの 30 digits(3μAレンジは、100 digits)

HiZ ON Vsus、高抵抗 100 nA
STBY  OFF  オープン

電流印加レスポンス

※画像クリックで拡大されます。

LEDの評価はISVM(電流発生電圧測定)で行います。 LEDに定電流印加するとき、0 A⇔+ISで印加した場合、立上りは設定された電流でレスポンスしますが、立下りは0 Aとなりデバ イスにチャージされた電荷のディスチャージに長時間を要し、非常 に遅くなります。 この問題を解決するには−IS⇔+ISで電流印加をします。 そのとき、逆電圧印加を防止するために+VLは順方向電圧以上、 −VLは0 Vもしくは−数 Vに設定します。 白色LEDを50個直列に接続した時のレスポンスを示します。
+IS=+30 mA, −IS=−30 mA, VL=+200 V, −VL=−5 V

サンプル・ホールド測定

パルス・モード、パルス・スイープ・モードではサンプル・ホールド測定が可能です。 サンプルホールド測定ではパルス終了直前にホールドし、100 μsの 積分時間でA/D変換します。 本機能により、測定ディレイ時間を設定せずに正確な値を測定できます。

サンプルホールド測定

外観


※画像クリックで拡大されます。

Contact お気軽にお問い合わせください

当社製品の修理・保守や技術・取扱いに関する様々なお問い合わせをお受けいたします。
計測器について熟知したエンジニアが応対し、原則1営業日以内に回答いたします。